Archive for 9月, 2011

「催眠」というお仕事

「全ての種明かし」をする前に

腹を括って楽しい思い出も、苦しい経験も含めて

最後のテキストの公開の準備、仕上げを行なっています。

以前から告知していますが、伸び伸びになっているのは「覚悟」がなかなか決まらないから(笑)。腹を括ろうにもなかなかそうはいかなかったり。

まあ当たり前ですね。これでお終いってことですから。

これまでの全ての経験とか知識を公開するってことは「飯の種」つまり、自分の持つ技術とかテクニック、経験を晒すということです。

要するに「手品の種」を全部、観客に披露するようなものですから(笑)。

マジックには「種」があります。心理学とか催眠は「手品」ではありませんが、施術を高速化するための手続き、被験者の反応を見抜くべき「ポイント」は確かに存在します。

それが本当はとても重要なんですよ。

マジックの「種」をマジシャンが簡単に公開しないのは、マジシャンが「それで食っている」からです。

不思議なものでね。一般人は「種」を知った瞬間に訳知り顔になったり、相手(マジシャン)を見下ろした発言や態度をとったりもします。

そのネタを作ったり、仕掛けを思いつくのに膨大な手間と時間、費用がかかったりもしますが、そんなことは気づきもしません。誰かに種を教えてもらったり舞台裏の一部を覗いただけで「知ってるから面白くない」「そんなの凄くもなんともない」とも言うものなんですよ。

インターネットが発達した今は誰でも気軽に情報が漁れます。ブロードバンドが定着して一気に大量の情報を受け取ることもできます。以前はたった一枚の写真のダウンロードに数分もかかった時代もあったのですが、今では大容量のファイルや動画すら簡単に手に入れることが出来ます。

確かに現代は十数年前に比べて、ツール(道具)や技術は発展して素晴らしくなりました。

反面、余計なトラブルも飛躍的に増えています。

自称「専門家」も異様に増えました。実体験とか自分で研究したわけでもないのに、ネットで多少知識を漁っただけで「何でも知っている」とか「自分こそが専門家でオリジナルだ!」と言い張る人も増えたんですよ(笑)。

twitterで有名人のプライバシーとか買い物する姿を暴露するなんてのはネットトラブルの典型ですね。別に彼ら(訪れた有名人やスポーツ選手)が、そこで悪いことをやったわけではない。

奥さんを連れて普通に買い物をしてるだけで相手をやっかんで中傷したり、心無い言葉で実況を繰り返すお馬鹿さんも大勢います。自分がtwitterやブログをやってるっていうだけで「神の目線」にでもなったかのような錯覚を起こして、上から文句を言う人もいます。

問題なのはね。不特定多数が「一瞬に」情報を得られるようになったので、発信する側として情報は「よく精査したりよく吟味」しておかないと。

デマとか誇張、嘘、中傷誹謗も「一瞬で」拡散してしまうことです。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services