大失敗ですな・・・

内部の変更はやはり難しいもので

無頓着っていうか、調査不足で。申し訳ない

どうやらWorld Wide Web(ワールド ワイド ウェブ、略名:WWW)というもので、大失態をやらかしたようです。

http://www.nobee.com/の頭の部分につく「www」という記述のことです。SEO(ヒット数)対策で最近は「WWW付きのものか、無しのものかを.htaccessで指定するように」と書いている本やサイトが多いです。

読んでいると「どっちでも同じ」とか「短くて覚えやすいからWWWなんていらない」と書いてある本とかサイトが多くて・・・。

鵜呑みにしてしまった・・・。

私のサイトは初期の頃に独自ドメインを獲りましたので、5桁なんですよ。現代のようにドメインに価値が出るとか転売が可能になるような感覚のない時代に取得しましたので短いのです。

価格も安かったですし。

もちろん、最初から独自ドメインで運営していたわけではなく、最初はレンタルサーバーを借りていたのですが・・・。

番組出演をした頃からですかね? 閲覧者から「サイトのアドレスが長過ぎて覚えられない」だとか「検索しても奥の奥で遠くてなかなかたどり着けない!」だとかの苦情メールが度々あって、仕方なくドメインを獲りました。

ネットサーフィンという言葉が流行したのもこの頃です。

最初から大手のプロバイダとか芸能人が煽っているBlogのようなものが主流だったわけではなく、地方の弱小プロバイダとか個人が細々とやっているホームページ、日本では入手不可能な情報(H系画像とかも含む)を求めて彷徨う人が大勢いた時代です。

特殊な情報とか変わったものも探せばたくさんありました。それを求めて彷徨うこと自体を楽しもうって雰囲気がありネットサーフィンという言葉も生まれたのです。

まさか自分のホームページが「遠い」(おそらくはプロバイダが弱小すぎてバックボーンが細かった)と怒られるとは思っていなかった(笑)。当時、お金が全然なかったですからね。関西でもっとも安かったプロバイダを月2千円で借りたんですよ。

続きを読む »

Comments are closed.

テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services