恋愛を成就させたい、と望んで検索される方に

吊り橋実験、吊り橋理論というものがある

1974年にカナダで行われた実験です

モテる男になりたい、とか男性にモテたい、と望んでYahoo!やGoogleで検索をかけて私のサイトにたどり着く人がいます。具体的な方法を求めて、心理学や催眠の知識から何かが応用できないか? との期待もあるのでしょうね。

せっかく訪ねてくださっているので一部、ヒントというか過去の実験を例にあげましょう。どういった行動パターンやデートコースが恋愛に「効果」があるのかを解説したいと思います。

1947年にカナダの心理学者、ダットンとアロンによって行われた実験があります。

正確には「生理・認知説の吊り橋実験」として知られているものです。割とメジャーなタイプの実験で心理学を齧ったことのある人なら一度は聞いたことがあるかも知れませんね。映画「スピード」においても、途中で解説が出てきます。

スピードを落とすと爆発する爆弾を仕掛けられて止まることのできなくなったバスの中で、若い男女が恋愛関係になるのですが、ヒロインの女性が心理学について学んでいて詳しいために「極限状態、一時的な緊張状態での恋愛は長続きしないわ」といったセリフが複数回出てくるのです。

吊り橋理論そのものはオカルトでも何でもなく、科学的に実証されています。

吊り橋実験の追証も各国で行われており、日本のテレビ番組などでも実験は行われて複数回紹介されています。ですので、極限状況とか危険な状態で「恋愛に」効果というか影響があることまでは否定できない事実であると思われます。

実験の詳細、内容

実は、ですね・・・。この吊り橋実験というのは「男性に対して」行われた実験なんですよ(笑)。男性の方は心(こころ)して聞いてください。初期の実験は女性に対して行われた実験ではないのです。

男性に対する「生理」の証明で、極限状態や危機状態において男性のホルモンバランスが「どう変化するか?」を解説したものであって、それがそのまま女性に当て嵌まるとは限らないことを理解してください。

実験は18歳から35歳までの男性を集めて行われています。渓谷にかかる二本の橋があります。一方は不安定で揺れる橋、もう一方は安定していて殆ど揺れない橋を用いています。

男性が橋を渡っていると橋の中央で待ち受けた若い女性から「いきなりアンケート」を受けます。女性は実験結果に興味があるなら後で電話をください」と言って電話番号を教えます。

揺れる橋を渡った男性からはほぼ全員から電話連絡があったのに対し、揺れない橋を渡った対象者からは一割程度しかレスポンスが無かった、という結果が得られました。

各国で追加証明実験は行われていますが、男性が不安定な要素、つまり危険な状況とか極限状況に追い込まれたほうが影響を受けやすいようで、恋愛関係が成立しやすいと言えます。

続きを読む »

Comments are closed.

テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services