本当であるならば、良かったですね

最初は休養が基本です

本当かどうかはわかりませんが、中島さんがお父さんの尽力で「身柄を確保された」との報道が流され始めています。

部外者である私にはそれが「事実かどうか?」はわかりませんが、そういった報道が今になって流され始めたこと自体に何らかの進展があったことを意味します。

膠着状態が長く続き、洗脳者との同居や生活が「長くなればなるほど」脱出は難しくなってしまいます。そういった意味では不幸中の幸いで、いい方向に歩き始めたと言えます。

関係者各位、特にご両親、お父様はご苦労様でした。

ここで身柄確保後の重要なポイントを幾つか。

身内とか親族、友だちなればこその「陥りやすい」ポイントがあって、そこに注意しないと対象者が「にげ出してしまう」とか、回復が遅れる事例がありますので。

最初は「休養」休ませることが大切です。

海外のデプログラム(解除)施設では、最初の数日は鎮静剤や安定剤などを与えます。ともかく、眠らせるんですよ。周囲に宗教関係者とか、洗脳を行う者がいる環境の時には「常に他者からの精神的な干渉を」受け続けてきたに等しいですから・・・。

寝食を共にしてしまっていると、一挙手一投足(いっきょしゅ、いっとうそく)をも、監視されていることになります。洗脳を受けたご本人は、途中から意識が混濁して気にしない様になりますが、衆人環視の中で暮らすということは、やはり精神や神経が疲弊するんですよ。

ですので、最初は「他人の目」を絶って、よく寝かせること。

他人の目には「親族や友人、医療関係者の目も」含みます。

ただし、監視は怠ること無くしっかりやること。

ここでカルトや洗脳者に接触され、奪回されたら元の黙阿弥ですから。また、洗脳の被害者は「別のカルト集団」や宗教団体から付け狙われることもあります。

原則として、影響が遠のくまで携帯電話やテレビ番組なども禁止です。

続きを読む »

Comments are closed.

テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services