洗脳解除のために必要とされる条件

「危機意識」が圧倒的に足りない

洗脳を解除しようと思っても、なかなか思うに任せないことはあります。

中でももっとも困るのは当事者に「危機意識」が足りないことです。

お父さんとかお母さんとかね。学校の先生とかね。実際に洗脳に遭ったとか身内や知人が被害に遭ったとかとか惨状を目にしていない人が殆どでしょうから。

それは確かに仕方のない部分でもありますが・・・。

こちらからどういった働きかけを行なっても理解できないとか、軽く考えてしまっていて事態が急速に悪化することもあります。

私は過去に洗脳の解き方、ってコーナーにおいて、こういった記述を行なっています。

  • 普通に考えればわかりますが、「私は騙されやすいかもしれない」と考える人は安易に危険には近づきません。普段の生活において用心します(笑)。それはおそらく根拠もなく「俺は騙されないから大丈夫だ!」と思い込んでいる人よりも、よほど手強いのです。

更に追加してこういった記述もあります。

  • 安易に立ち入らないこと。経験や知識、満足な保障や根拠もないのに大丈夫だと思わないこと。強盗にも強姦にも遭わないと思い込んでいるから高額な商品(バックや時計、宝石)を身に付けてチャラチャラ歩けますし、薄暗い夜道を歩きます。

わかりますか?

これはね。危機意識と呼ばれるものです。

好奇心が猫を殺すって慣用句(ことわざ)も存在します。

探求心とか好奇心は人を育てたり新たな研究や世界を開くためには必須のものでしょう。そういったものを一切、持たなければ努力も勉強も挑戦もしません。

警戒心ばかりが強まってしまえば、家から一歩も出ることがかなわなくなってしまいます。

ですが、何の警戒心も危機意識も持たず、何かに安易に近寄ると大けがをしたり、そのまま帰ってこない、死んでしまうようなことも起こります。

続きを読む »

Comments are closed.

テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services