精神修養、修行は自分の意思で

最近の報道、痛ましい事件をみて

つい先日の話ですが、痛ましい事故が起きています。

熊本県の宗教団体が、屋内に新設した「人工の滝」で、心身の病を患っていた中学2年生の女子に水を浴びせ溺死させるという報道がなされています。(2011年09月27日付)

精神的、体力的にまいっている女子中学生を椅子にベルトで縛り付け、10分間、除霊と称して水を浴びせ、そのまま死亡させたということです。

事故と書きましたが、これは事件ですね。逮捕されたのは僧侶と実の父親のようです。

はっきり言いますが殺人に近い。これほどの悪質な行為を行なっていながら、日本の法律では傷害致死でしか立件できないというのはどうでしょうか? これがアメリカなら、当然のように殺人罪で起訴されますし親権など失います。

3月から100回に渡って滝行?をさせていたとのことですが、悪霊なるものがいるとするならば、悪霊や悪魔に取り憑かれているのはこの僧侶や父親のほうでしょう。

精神的に病んでいるとか悩んでいる、苦しんでいる思春期で不安定な女の子を、半年以上に渡って拘束して水を浴びせ続けるなど狂気の沙汰ですよ。

それを精神修養とか修業とか、まして治療とか除霊などと呼んではならない。

この事件を引き起こした寺(宗教団体)はホームページを持っているようですが、未だに被害者、無くなった女子中学生に対して哀悼の意を示すこともしていないようですし、そういった記述は一切、ありません。

犯行そのものを否認、修業だったと称して逃げようとしているようですね。

こんな連中が坊主だったり父親だったりするんですから、世も末です。

続きを読む »

Comments are closed.

テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services