モテる男(女)の必須条件 2

2011/01/13 初稿

アンケートの結果から希望があったものを 続き

パーソナルスペースと「時間軸」

モテる男(女)の必須条件を考える時、避けて通れない部分があります。

私のホームページ上においては「パーソナルスペース」の話がたくさんでてきます。

これはごく初期の頃、催眠誘導を行うには「心理障壁」(しんりしょうへき)と呼ばれる心の内側に入り込む作業が不可欠であり、そのためには「心と身体の距離」をうまく掴むことが必要だと私が考えたから。

それをテキスト上やこのホームページ上で解説しようとして「パーソナルスペース」について述べた文章が増えました。

1997年当時、催眠とパーソナルスペースの密接な繋がりについてとか、対人距離について詳細に書いた解説書やホームページなどは一つもありませんでした。

以前にですね。パーソナルスペースについてこういった解説を行っています。

「浮気するタイプの見分け方」

  • 出川哲朗と石田純一の行動パターンは、おそらく微妙に異なるんですよ。ご本人(出川哲朗タイプ)が「同じだ!」と言い張っても女性から見ればそうではない。
  • というかまったく同じ距離感を保ち、ストップウォッチで「そこにいる時間」を正確に計って同じにしても、対象者の受け取る印象はまったく異なるでしょう。

パーソナルスペース、についてだけ、聞き齧って理解した気になっている方はこの「時間軸のズレ」についてまったく留意しません。

この「時間軸のズレ」は個人の感覚、受け取り方によって異なるものです。

自分の身を守ろうとか、相手から傷つけられたくないために「距離を置く」ことがパーソナルスペースだとの解説は過去に行っています。

パーソナルスペースにはもう一つの側面があって、特定の相手に親密な感情を示す、つまり「あなたは私の家族や仲間、愛情を注いでいる人だ」と知らせる意味合いを含むのです。

親愛な情を示す相手とか、自分が不快に思わない相手は「長く」「近く」にいることができます。反対に危険だとか不愉快に思う相手とは「距離」も開きますし、「時間」も短時間になります。

距離も大切ですけどね。実際にはその距離の中で「どれくらいの時間、居ることが出来るか?」「どのタイミングで踏み入れるか?」も重要なポイントなのです。

このパーソナルスペースの距離(範囲)と時間は外見(容姿)とか雰囲気、その人の持つ個性や話し口調、匂いや仕草などに大きく左右されます。

逆説的な解説になりますが、このパーソナルスペースの距離と時間を把握するなら「親愛の情」つまり、あなたが相手を気に入っているとか好きだということを円滑に伝える道具にも使える、ということになります。

大切なのは「距離」と「時間」。と同時に「タイミング」なのですよ。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services