洗脳を解く方法について 補足

2010/01/05初稿

よくある錯覚、間違いについて補足

舞い込んでくる様々なメールや依頼

私の元には様々なメールが舞い込みます。

催眠などという特殊なことをやっているせいもありますが、心理学や社会情勢の予想、犯罪に関する記述、洗脳に関する詳しい情報などを載せているサイトはかなり少ないため、どうしても目立つんでしょうね。

それはアクセスログを眺めてみればよくわかります。

閲覧者の多くは最初にYahoo!サーチやGoogle検索で「催眠」とか「洗脳」について調べています。するとなぜか私のサイトが上位にある。

他にも多少はそういったものについて触れているサイトがありますが、深くとか本気で書いている所はかなり少ないでしょう。どちらかというと興味本位であったり、営利目的で「すぐに相談に来なさい!」と書いてある宗教まがいの所がどうしても多くなります。

私の所はあまり商売っ気がないので、相談しやすいのかもしれないですね。

私自身はずいぶん前の時点で、催眠でお金を儲けようとか生活をしようという意思を失っていますので・・・。書き物とか商品販売、サイト構築とかキャッチコピー書いたり映像を作ることで生活が成り立ってしまっています。

親身になって相談にのっていても「ありがとうございます」で終わってしまうことはよくあります。お金をとるところまでたどり着くほうが難しいでしょう。相手と真摯にとか真面目に向き合えば向き合うほど、相談という仕事は儲かるものではないですし、苦労ばかりが増大します。

日本においては「相談に乗ってもらってお金を払う」という習慣があまりありません。なので無償になりがちです。お金をとる時点で「いい人ではない」とも言われます。

カウンセリングより根拠のない占いに喜んでお金を支払う人のほうが多かったりなんかして(笑)。

実際には他人の悩み事とかトラブルの話を聞いて、真剣に返答を行おうとすると精神的にもかなり疲弊するんですよ。

相談内容にはハードなものが多い。正直、私の元に持ち込まれるもので軽い内容というのは皆無でしょう。軽い悩み事とか簡単な相談なら何も、第三者で赤の他人である私などに持ち込む必要などはなく、知人や友人、家族や恋人で十分になりますから・・・。

以前に催眠を習いたい「鞄持ちから始めさせてください」と売り込んできた人がいました。後に自分で勝手に開業して私のサイトの執拗な物まねを始め、その後もずっと粘着したおっさんですが(笑)。

その人が「軽い内容は私が、深い内容や難しい内容は谷口さんが」などと言い出した時、私は内心、「この人は本当に何もわかっていないな」と思ったものです。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services