ラマーズ法は催眠の応用

2009/12/15改訂
2000/04/15初稿

催眠の知識の応用は様々にあります

私は催眠にかからない?

以前に面白い体験をしました。ある主婦の方にお会いした折に「私は催眠なんて信じないし、催眠になんてかからない!」と猛烈に言われたのです。驚きました。

ご自分で私のホームページをみて面談を申し込んできたのに、直接、お会いすれば催眠そのものを否定する。そういった人も結構います。

不思議な話だと思いませんか?

まあ、私にすれば「またか」と言う感じなんですけどね。ご本人に心理的な抵抗感があるのでしょう。悩みや苦しみを打ち明けたいと望み、自分を救ってくれる人や施設、病院を探しながらそれが見つかりそうだと思うととても怖くなる。

そういった回りくどい表現や反発も、心因反応ですしそれに答えるのはカウンセリングの一部です。その方はこれまでもそういったことの繰り返しなのでしょう。あちこちに相談に行っていると思われます。

催眠の場合、直前になって逃げ出してしまう人も時折、いらっしゃいます。

無理もない話で自分の過去の経験、恥ずかしい部分や悩みを赤の他人(第三者である私)に相談するのはとても勇気の要ることなんですよ。

自分の全てを知られるのではないか?との錯覚も生まれがちです。私が何かをしゃべるのではないか?とか家族に知られるのではないか?と思う人もいます。

直前になってそういった恐怖が生まれれば否定してもおかしくはないでしょう。私としては無理に催眠を勧めることはまったくないのですが(笑)。

向き不向きもありますし、かかる人もかからない人もいらっしゃいます。むしろカウンセリングや面談のみで解消を計ることもあり、環境整備も含めた総合的なバランスで捉えています。

私の場合、催眠を用いるかどうかは、事前によくお話を聞いてから決めています。なので殆どの心配は杞憂(きゆう)なのですが、いきなり催眠をかけられて洗いざらいしゃべって知られた上に何かをされて操られる、と思い込んでしまう人もいます。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services