人間は猿なのか?

2009/12/15改訂
1997/08/23初稿

勇気とか強さの意味を考える

前のダンナの子は必要ない!?

みなさんはサル山の猿の話をご存じでしょうか?

以前、上野の動物園でメス猿がボスになったというのがニュースになりました。猿の群れにとってボスが交代するというのは大きな出来事なのです。

人間の世界で言うトップ交代どころの話ではなく、群れの存続、生死をかけた戦いもまま起こります。

残念ながらメス猿のボスというのは長続きしないそうです。続いても2、3ヶ月ほどでオス猿と交代してしまい、長く持ちません。通常であれば力の強いオス猿が群れを率いるのが当り前なのです。

なぜなら、外敵から群れを守らねば鳴らないから。人間に飼われていたり餌付けされている、捕食者がいない状況下ならば雌が群れをひきいても何とかなるかもしれないですが、厳しい自然環境の中ではやはりたくましい雄(オス)を中心に群れは集まるでしょう。

オスのボス猿が群れでの政権闘争に負けて交代する時、私たち人間からみるととてもショックなことが起こります。(今回のようにメス猿がボスになったような特殊な場合は除きます)

新しいボスが、まだ生まれて間もない子猿を殺してしまうようなことが起こるのです。

先にも書きましたが、ボス猿の大きな役目は群れを外敵から守ることです。そのはずのボス猿が群れの一員で、最も弱く、もっとも守らなければならない立場の子猿を殺してしまうのはなぜでしょうか?

実は乳ばなれの済んでいない子猿たちは基本的には前のボス猿の子供達になるんですよ。人間に例えるならばいわば前の夫の連れ子です。

今のオス、つまり新しい群れのリーダーの子供ではないばかりではなく、逃走に破れた弱いオスの子供であったり、群れから追われた個体、闘争に破れて死んだオスの子供になってしまうのです。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services