催眠って、なんなの?

2009/12/21改訂
1997/06/00初稿

応用方法や利用方法を考える

よくわかっていない部分もある

催眠ってなんなの? といわれると、研究者であっても正確に答えられる人は少ないと思います。

「一点をじっと見つめることによる視野の狭窄(きょうさく、せばまること)から起こる意識の集中と、それにともなう自己(自我)の喪失と精神状態の変化」などと言われても、何のことだかわからないでしょう。まるで呪文のようですね(笑)。

実は専門家にも催眠現象はよくわかっていない部分があるのです。いろいろと研究は進んでいますが、もっぱら利用方法についてがほとんどでしょうね。

「なぜ、催眠現象が起こるのか?」という部分になると個人差があったり、同じ人に催眠をかけてもその時々によってかかり具合がちがってしまったり、と個体差やばらつきが大きいため、分類や分析が難しいのです。催眠の結果は千差万別です。様々な推測や研究は成されていますが、それら全てに完全に答えられる人はいないのです。

人が催眠状態やトランスに陥る(おちいる)または、意図的に入るのを説明するために様々な推測はは可能です。

子供の頃のトラウマや家庭環境、教育や社会習慣に答えを求める研究者もいますし、心臓の音、ドラミングや音楽にヒントを求める者もいます。男女の差や年令、性格、脳の構造やホルモンのバランスなどから違いを見つけ解明しようとしている人もいます。

そのそれぞれに解明の糸口はあるのでしょう。

私個人の意見としては「催眠って何?」ということに、あまりにこだわる必要はないように感じます。私達が気がつかないだけで、生活の中に催眠や心理学の応用に当たるものはたくさん存在するからです。

心理学の応用、催眠や真理誘導のテクニックはデパートの中やコンビニエンスストアにも、電車や広告の中にも様々な形で存在します。

※それらについては私のサイトを読み進めればわかってくると思います。パーソナルスペースについてやラマーズ法についてなど様々な紹介を行っています。

いわば理論よりも現実が先になっているのですよ。

宗教儀式の中には昔は心霊現象だ、と思われていた物がたくさんあります。近年になって研究が進み、それらの幾つかの現象は催眠の一種(トランス状態)ではないか? と考えられるようになったものも数多くあります。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services