ガングロコギャルを更生させる1

00’05/09 On Air

周囲には伏せてましたが

2回めのオンエアを今、観終わった所です。

放送直後、番組の担当ADさんから携帯に連絡もらいました。

「いかがでしたか?」

彼からの第一声に笑ってしまいました(笑)。出ている側に編集している側が「いかがでしたか?」も何もないモンですが。私の場合、いつも自分の出演したシーンのVTRをチェックしません。

ですから、オンエアを観るまで内容がわからないです。

番組に出演する催眠の先生によっては、「あそこをカットするな!」だとか「こういった宣伝を入れてくれ!」などと嘴(くちばし)を挟む人もいるようです。ですが、私はそういったことを一切行いません。

めんどくさいので。正直、撮り終えてしまえば興味がなくなる。

私のことを「スーパー催眠術師」(笑)だとか、「天才」「カリスマ」などと勝手に煽ってテロップ入れて下さる番組がありますが、私が言葉を入れて下さいと先方に頼んだことは一度もないんですよ。向うが勝手にそうしているだけです。派手に煽って注目を集めたいのでしょう。

ネットを中心に活動していて、別に支部も下部組織も持っていない私としては、そういった宣伝が必要になったり、私の利益に直結することは皆無ですな(笑)。むしろ中傷や嫌がらせが増えるだけ。特に催眠を用いて怪しげなサイトや自称、カリスマ団体などを運営してるという連中からのやっかみが増えるだけです。

私としてはどっちかっていうと、恥ずかしいのでそういった派手めな肩書きは外して欲しいんですが・・・。

最近、私がテレビに出てることが周囲にバレてしまいました。ずーっと伏せてきましたし、仕事で管理に携わる兄以外には内緒にしてたんですが・・・。

カウンセリングなどの仕事を行っていること以外は教えずにうまくやってたんですが、流石にゴールデンでは誤魔化しがきかないらしい(笑)。

妹の子供(今、中学生)が、父親と「学校へ行こう!」を見て「おじちゃんが出てる!」といって驚いたらしい・・・。

※2000年当時の記述です。子供達は今、もっと大きくなっています。父親は亡くなりました。

私はこれまでどこの番組でも自分の連絡先はおろか、ホームページのアドレスすら載せたことがありません。流石に今回はゴールデンですからもったいなくって「著作の宣伝くらいは入れさせてもらおうか?」と思ったことがありましたけどね(笑)。

一部の番組からの了承も戴きましたが、あざとい(わざとらしい)のでやっぱり止めました。

私が用いるのは、こういったコーナーのネタとしてだけです。放送があると多少、テキストの売り上げが伸びるくらいですかね? 殆ど何の変化もありません。

依頼が増えるかといえばそんなこともない。催眠の依頼をしてくる人の殆どはホームページの内容を読んで依頼してくますから、むしろバラエティは逆効果でしょう。

本当は後継者も育てたい。

番組収録やショー催眠、公演用の内容を教えようにもこの部分だけは「お話」の上手い下手も関わる。番組出演に関しては催眠の腕だけではなく、その人の個性とかキャラクターにも依存するでしょう。

現場の空気や被験者の表情も読めなければならない。壊れたスピーカーかCDのように同じ言葉とか態度を繰り返す人では使い物にならない。臨機応変に対応できる人でなくてはならず、後を継がせるにも大変です。

続きを読む »
Random Pages created by Best Accounting Services