お父さんが彼氏に見える!?

00’08/15 On Air

本当はね・・・

収録の順番は前回放送分(8月1日)のほうが前なんですよ。放送上の都合で前後が逆になりました。

実はね、今回の放送分に関してはとても収録に苦労したんです。今まででもっとも大変だった、といっても過言ではないでしょう。

一口に「催眠」といっても収録の度に苦労します。理由は簡単で、被験者(催眠にかかる)人が同じ人ではありませんし、反応はその人によってまったく違うからです。

意味がわかりますか?

私のテキストや著作を読んだ方は参考にして欲しいですが、心理障壁と言われる心の中の壁や、その人の「語意」(言葉に対する意味、反応)は受け取り方によって様々ですから常に一定ではないんですよ。

スタッフやディレクターでも理解できない人がいますが、「毎回、必ず同じ反応で同じ映像」が撮れる訳ではないんです。まして同じ手順で良いわけでもない。その人の受け取り方や個性によって反応は異なりますから、まったく同じ手順、同じ「言葉」を用いてこちらが誘導を行おうとも、相手が同じに受け取ってくれるとは限らないのです。

難しいのはですね、時には被験者(催眠にかかる人)が違う人だからだけではなく、「同じ人であっても」その人の気分や機嫌一つで反応がガラッと変わってしまうことがあります。

こちらがどんなに丁寧に準備を行い、プロとして言葉や暗示を選んで経験から予想をたてたとしても、全てが正確にわかるものではありません。同じ人に前回とまったく同じ手順、同じ言葉を用いても、場合によっては反応が異なり、かかったりかからなかったりすることがあります。

これが一般の方にはなかなか理解できません。場合や状況によって微妙に「変化する」ことが理解出来ず、「いつも同じでなければならない」と思い込む場合が多いのです。

扱うのは人間の心ですからね。数学においては常に「1+1は2」ですが、人間の心においてはそれはそのまま当てはまりません。パソコンソフトのプログラムとは異なる。

カウンセリングにおいても同じですが、人の心は複雑なのです。本来、「2」になる筈のものが、場合によってはマイナスであったり、4や10、何万という数字にも化けることがあります。

ですから事前に行えるのはあくまで予測に過ぎないんですよ。

こういった不確定要素が、催眠が「嘘だ!」とか「インチキだ!」などと言われる原因の一つにもなっています。

続きを読む »
Random Pages created by Best Accounting Services