つ、着いて来てくれよ・・・

パンくずリストを設置する

Breadcrumb Navigation XTの紹介

パンくず(パン粉)のナビゲーションって英文翻訳したり読んだだけじゃ意味わかんないでしょ?

サイト運営では昔から使われている表現がパンくずリストなので、それをそのまま当て嵌めているからだと思います。

ヘンゼルとグレーテルという童話で「breadcrumbs」という表記があります。パンのようなお菓子を道しるべに置いて家まで帰り着いたというエピソードがそのまま、パンくずリストの語源になったようですね。

わかりやすく言うとパンくずリストとは、現在位置を示すナビゲーションです。

Yahoo!サーチやGoogleなどの検索エンジンで必要な語句とか興味がある内容を調べて、私のサイトにたどり着いた、としましょう。

検索した語句は「パーソナルスペース」だったり、「催眠」だったり。

すると確かにそのページとか検索した文言は表示されますが、そこがトップページとは限らないのです。トップページからかなり奥の階層のページだったり、下手をすれば静的ページとか固定ページなどではなく日々膨大に更新されているブログのどこかだったりもします。

記事そのものがずいぶんと昔に書かれたものだったり、変更されてしまっていたら?

前後の繋がりのない文章とか、日々膨大に更新されるBlogやサイトの場合、「続きはそのうちに」で終わってしまったりもします。

じゃあ、その「続きを探そう」にも、閲覧者が「自分がいる場所」位置がわからないと追えません。

それだと見に来た人には不親切ですね。サイト内で迷子になってしまう。

ユーザビリティと言いますが、ナビゲーションやリンクがわかりにくい場合はあまり親切なサイトではないと判断されます。クローラ(検索エンジンのRobot)がサイトをインデックスする際に、そういった「閲覧者に親切でないサイト」は下位に置いてしまう傾向があります。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services