なぜWordPressなのか?

ホームページ形式のおさらい

スタイルシートの概念

ここで簡単にホームページ形式のおさらいを。

インターネットの世界も徐々に様相が変わりつつあります。初期の頃はエディターとか簡単なHTMLを書くソフト(IBMのホームページビルダーなどが典型)で事足りたのですが、今では到底、それでは足りなくなっています。

高機能化しているんですよ。ブラウザを開発している企業、自分たちが市場シェアを握りたい人達の思惑もあっていつまで経っても規格が統一されることがありません。Explorerなんてバグだらけ(笑)。

ソフト会社として最大手のMicrosoftが出しているブラウザソフトがもっとも挙動がおかしいとか、他とは違う独自規格を組み込んでしまっており、サイトの構築をやってる側が四苦八苦なんてこともあります。

それでホームページ(サイトの構築、HTML)には途中からスタイルシート、という概念が入ってきています。

ひじょーに大ざっぱにざっくりと言ってしまうと「バラバラのパーツを指示書で一まとめにする」のがスタイルシートです。

広告チラシのように「一枚の紙に写真も文章も直接全てを張り込む」のではなく、途中にワンクッション「指示書」を置くことで見た目とか動作を安定させよう、バラバラのパーツをどのブラウザやOSでも一定の見た目や動作にしようといった概念ですね。

mmm

一枚の紙に最初から全部を貼ってしまうのではなく、元々は全部をバラバラにしてフォルダ内に格納してあります。それを「指示書」(スタイルシート)で「とり出して」配置し、整えることになります。

「ヘッダに写真を置け!」「ナビゲーションは右側に寄せろ!」「本文はヘッダの下、左側に載せろ!」という命令というか指示を行うことになります。

最近のホームページの形式は、パーツや写真、ナビゲーションや本文を「指示書(スタイルシート)」によってまとめて「最後に書き出す」方式に変わったのです。

「ひじょーに大ざっぱにざっくりと」と書いたのは、その指示書(スタイルシート)すら、それぞれのOSとかブラウザによってバグがあったり特定の記述があったりで完全に統一はされていません。

ただし、それでもこれまでのHTMLによる直接記述よりは幾らかマシで、バグの回避策もあります。それでそちらを用いる企業や個人、サイトが圧倒的に多くなってきたと言うことですね。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services