トム・クルーズ「ラスト・サムライ」

American spirit「Samurai」?

当時の日本の描き方

※この文章が最初に書かれたのは2004年01月11日です。

元々は旧ひとりごとのページに置いてありましたが、サイトのリニューアルに合わせてこちらに移動します。

「ラスト・サムライ」という映画を見ました。

全体としてよく描けていたと思います。

横浜の港(時代的な背景で考えれば、東京湾浦賀沖でしょう)にアメリカの客船が入港するシーンにおいては、古き良き時代の日本が見事に復元されており、驚嘆します。

当時の桟橋は木製でした。江戸近郊の海は遠浅でしたので、排水量の多い大型船がそのまま乗りつけることはなく、艀(はしけ、客船が船底をこすらないように、沖から小舟で渡った)などに乗り換えてから桟橋につけたのです。

日本への上陸のシーンでは、雨が降っています。桟橋は板張りでしっとりと水(海水)を吸っていて、黒々として使い込んだ印象になっています。

ウーン、凄いわ。昔見た川河岸の写真(昭和初期の頃)を動画にすればこういった感じになるでしょう。

傘をさす民衆のシーンでは、蛇の目傘(番傘、油紙と竹組で作った日本独自のもの)と西洋傘が混在して描かれており、そのたったワンシーンで和洋折衷、つまり西洋の情報を吸収しながら開国を進め、急速に転換期を迎える日本の西洋、東洋、両方の文化が混在する世界を表現しています。

流石に巧いですね。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services