ぜひドラマ化希望 八雲立つ

なぜかドラマ化とか映画化とか多いので

催眠シーンのある漫画、初回の掲載に

私のホームページに掲載した書籍とか漫画とかが次々に再版されたり、ドラマ化や映画化されたことがあるので、ぜひドラマ化して欲しいと思っている漫画を最初に紹介します。

少女漫画というか女性誌なんですが(笑)。

白泉社、花と夢コミックスの「八雲立つ」を紹介します。

最近は「歴女」と言われる歴史や昔の武将などに興味を持つ女性も増えているようですが、そういった方にもお勧めかも。

もっとも時代は歴史好きな女性が考えるよりももうちょっと昔です。(西暦で712年)古事記などの時代ですから日本では神話の時代ですね。武将とかはまだ出てきません。

調べてみると1997年と1999年にドラマCDにはなったことがあるようですね。

ドラマCDですから声優さんが役に扮して吹き込んだだけに留まっていると思います。DVDも一巻だけ。

もったいないというか、何と言うか・・・。素晴らしい作品だと思うのですが。ぜひどこかで映像化して欲しいものだと思います。

私がこの漫画を気に入っているのは主人公のキャラクターと複雑な背景、対人関係や孤独感に悩みながらそれでも成長してゆく姿ですね。時代考証もしっかりしており、読み物として面白い。

歴史のある一族の跡継ぎとして生まれ、父殺し(養父です)としての宿命を背負いながら自らの運命に抗う(あらがう)少年。

それが主人公である布椎闇己(ふづち・くらき)です。

この物語は背景には古事記などを下敷きにしています。

架空の設定として古(いにしえ)より日の本という国を闇から守り、神事によって結界を張り巨大な悪意の塊(かたまり)である「念」から守ってきた布椎という一族があります。

その布椎(ふづち)本家、十五代目当主であり跡継ぎとして育てられた彼は、その高い能力と血筋が故に過酷な運命を背負います。

続きを読む »
テキストの紹介
テキストの紹介
公式 Twitter
Random Pages created by Best Accounting Services